三木

  • 印刷
「新米」をテーマに趣向を凝らした各店のメニューが並ぶパンフレット=吉川町商工会
拡大
「新米」をテーマに趣向を凝らした各店のメニューが並ぶパンフレット=吉川町商工会
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県三木市吉川町産の食材を使って特別メニューを提供するイベント「デリシャスよかわ」が24日から始まる。11店舗が参加し「新米」をテーマに新メニューを用意。飲食や商品購入でスタンプを集めると抽選で賞品が贈られる。吉川町商工会の担当者は「多くの人に吉川の魅力を味わってほしい」と話す。11月29日まで。(篠原拓真)

 同商工会の主催で、地元農産物や飲食店の魅力を発信し地域活性化につなげようと2017年から続けている。同町は夏場の気温の寒暖差や、粘土質の土壌から良質の米が育つとされ、酒米・山田錦の生産では、最高品質の特A地区に指定されている。

 5回目の今回は「新米」をテーマに設定。パンフレットには古代米「赤米」を新米に混ぜて炊きあげたそば屋や、米のジェラートアイスを開発した店が紹介され、おかゆにして甘酒やチーズで味を調えた「ライスフォンデュ」を販売する店もある。

 スタンプラリーは2店舗以上のスタンプを集め、各店頭にある用紙で回答すると、抽選で店舗利用券(3千円相当)をプレゼント。同商工会の坪之内康宏課長は「どの店も工夫を凝らしたメニューばかり。吉川の良さを楽しんで」と話している。

三木の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ