三木

  • 印刷
多種多様なとっくりが並び、それぞれの違いを楽しむことができる=ギャラリー湯の山みち
拡大
多種多様なとっくりが並び、それぞれの違いを楽しむことができる=ギャラリー湯の山みち

 多様なとっくりを集めた企画展「Go To Tokkuri 徳利100選」が、兵庫県三木市大塚2のギャラリー湯の山みちで開かれている。館長の筒井俊雄さん(91)や家族らが旅先で収集したもので、土地の特徴を表した陶器や色鮮やかな酒器が並んでいる。

 とっくり展は定期的に開催しており、前回は2016年に約80点を展示した。今回はその数を増やして100点に。話題となっている「Go To~」をもじり、タイトルを名付けた。

 会場には、鬼や寿老人といった絵が丁寧に描かれた「神開の大津絵酒器」や、長崎県の出島の地図を記した青磁器、浮世絵の女性をあしらった会津地方の器など、全国各地の品を置いた。海外産もあり、ナポレオンを描いたウイスキーの瓶や、チンギスハンの顔と馬の姿を表現した馬乳酒の入れ物なども見ることができる。

 筒井さんは「各地の酒瓶を見て、少しでも旅する気分を味わって。帰宅した際の土産話にしてもらえれば」と笑顔で話した。

 展示は11月20日まで。午前10時~午後5時。無料。同ギャラリーTEL0794・82・7873

(篠原拓真)

三木の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ