三木

  • 印刷
写真撮影がメインのフォトウエディング=旧玉置家住宅
拡大
写真撮影がメインのフォトウエディング=旧玉置家住宅
写真に納まるメデイロ・ダ・シルバ・ウェリトンさん(左)とペレイラ・オクヤマ・メデイロ・アリネさん=三木市本町2
拡大
写真に納まるメデイロ・ダ・シルバ・ウェリトンさん(左)とペレイラ・オクヤマ・メデイロ・アリネさん=三木市本町2

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、写真撮影を中心とした「古民家 フォトウエディング」が3日、兵庫県三木市本町2の旧玉置家住宅を拠点に開かれた。市内在住のブラジル人夫妻を迎えて記念撮影し、動画撮影や動画投稿サイト「ユーチューブ」でのライブ配信も併用、三木の魅力を市内外に発信した。(大橋凜太郎)

 同市が2回開いた「古民家ウエディング」に続く第3弾。外国人を対象にしており、新郎新婦に三木の文化を体感・発信してもらうことで外国人観光客の誘致につなげることを狙っている。

 流通科学大学(神戸市西区)の学生らも協力。10月下旬、学生が市内の観光名所を巡って撮影場所を選定。動画撮影では、見どころを伝える役割を担った。

 夫妻は、同じ日に同じ病院で生まれたというメデイロ・ダ・シルバ・ウェリトンさん(27)とペレイラ・オクヤマ・メデイロ・アリネさん(27)。知人の紹介で知り合い、2015年に結婚した。アリネさんの弟が日本在住だった縁で来日し、現在は三木市内で働いている。

 撮影は旧玉置家住宅から始まり、夫妻が満面の笑みをレンズに向けた。近くの美嚢川リバーサイドパークや湯の山街道のほか、三木山森林公園(三木市福井)や旧小河家別邸(同市本町3)も巡った。

 同住宅に戻ると、学生主催のサプライズ挙式があり、生まれた時の体重と同じ重さの米などが贈られた。同大2年の女子学生(19)は「とてもすてきな2人だった。ウエディング業界に就職する夢が膨らんだ」と声を弾ませた。

 「仲が良くて、幸せな家族になる」と誓う夫妻。フォトウエディングを終え「自分にとって大事な経験になった。とても楽しかった」と声をそろえていた。

三木の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ