三木

  • 印刷
木工作品を手掛けた白石建三さん(右)と妻の律子さん=ギャラリー驟
拡大
木工作品を手掛けた白石建三さん(右)と妻の律子さん=ギャラリー驟

 木工ものづくり作品展が、兵庫県三木市与呂木のギャラリー驟(しゅう)で開かれている。同県加古川市の白石建三さん(73)、律子さん(70)夫妻が、生活用品からドールハウスまで多彩な約200点を出品している。22日まで。

 2人のものづくりは約20年前、子ども用のおもちゃを木工で作る律子さんを、建三さんが手伝ったことから始まった。建三さんの退職後は自宅に工房を構え、創作を続けている。

 作品は全て夫妻の手作りで、スケッチを基にパソコンで設計図を作り、木材を糸のこで切断。パーツを組み上げた後は、人体に無害なワックスを掛けて仕上げている。会場には、七福神やサンタクロースの飾り物のほか、小物入れといった実用品も並ぶ。

 夫妻は「季節を象徴する作品を並べた。ぜひ、来て楽しんでほしい」と話している。

 午前10時~午後5時(22日は午後3時まで)。16、17日は休み。入場無料。ギャラリー驟TEL0794・83・5567

(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ