三木

  • 印刷
越冬するため、木材に侵入するハチ=増田ふるさと公園
拡大
越冬するため、木材に侵入するハチ=増田ふるさと公園

 秋が深まる増田ふるさと公園(兵庫県三木市細川町増田)で、昆虫たちが越冬の準備に入っている。同公園を管理するNPO法人「三木自然愛好研究会」が企画した観察会では、野ざらしの木材に侵入を試みるハチが目撃された。人と自然の博物館(同県三田市)の研究員は「触ると刺されるので、見掛けた場合は遠目に見守って」と呼び掛けている。

 同研究会の小倉滋さん(85)=三木市=によると「オオスズメバチは、木の中で越冬する」という。木の裂け目に入り込んだハチは、オオスズメバチの女王蜂とみている。

 昆虫採集のために木を割った経験から、オオスズメバチが木の中でも越冬することを知ったという小倉さん。観察会で木の中に侵入する様子を目の当たりにし、「こんな場面に出合うことはまずない」と驚いていた。(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ