三木

  • 印刷
紅葉の季節を迎え、真っ赤に染まるオオモミジ=三木山森林公園
拡大
紅葉の季節を迎え、真っ赤に染まるオオモミジ=三木山森林公園

 昭和30年代の里山環境を復元しようと職員らが立ち上がった三木山森林公園(兵庫県三木市)。外来種を駆除し、芝生広場をかつての草原に戻す取り組みなどが奏功し、カヤネズミやニホンアカガエルといった多様な生物が定着した。四季折々の原風景にいぶく命をファインダー越しに紹介する。

■山を染める鮮烈な赤

 秋が深まるにつれ、山全体が赤く染まる。演出に一役買うモミジは観賞用に植えられることも多いが、樹木医の梅木伸一郎さん(67)によるとその多くがイロハモミジ。三木山森林公園(三木市福井)には、葉が一回り大きいオオモミジの木が根を張る。

 同公園内には、モミジが群生する「もみじ谷」がある。イロハモミジが大半を占めるが、「森のクラフト館」側から谷に降りるとオオモミジの木が数本そびえる。イロハモミジとは、葉の大きさや先端にあるギザギザの細やかさで見分けることができる。

 木々の葉が落ち、冬の装いに変わりつつある三木山。もみじ谷のオオモミジは紅葉のピークが遅く、12月に入ってもなお、鮮烈な色合いで存在感を放つ。(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ