三木

  • 印刷
植物成分を紹介するコーナー=三木市緑が丘町本町2
拡大
植物成分を紹介するコーナー=三木市緑が丘町本町2
容器のデザインに焦点を当てた展示=三木市緑が丘町本町2
拡大
容器のデザインに焦点を当てた展示=三木市緑が丘町本町2

 ナリス化粧品(大阪市)は、兵庫県三木市緑が丘町本町2の兵庫工場内に、企業資料館「成寿(せいじゅ)殿」をオープンした。取引先への情報発信力を強化するとともに、新型コロナウイルス感染症の収束後は、一般の工場見学も受け入れる方針。展示を通して、創業からの歩みや企業理念を紹介している。

 同社は1932年に創業。社名の「ナリス」は栄養を意味する英語「ナリッシュメント」にちなむ造語で、拭き取り化粧水を主力製品として事業を拡大してきた。

 兵庫工場は国内外で最大規模の製造拠点で、2019年には新たな工場を落成したばかり。資料館は、敷地内にあった研修施設を改修し、名称を引き継いで生まれ変わった。

 成寿殿では、創業者・村岡満義氏と副社長で美容家の村岡愛氏の横顔に迫り、初代拭き取り化粧水の「コンク」を展示。製品に配合されている植物成分を紹介するパネルもある。容器の開発も手掛けており、デザインに焦点を当てて、新旧の商品を並べたコーナーも設けた。

 同社の広報担当の女性は「身近な化粧品には、人を癒やす力があるはず。製造の舞台裏を知ってもらうことで、使う楽しみも大きくなるのでは」と話していた。ナリス化粧品TEL06・6346・6672

(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 23℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 5℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ