三木

  • 印刷
ダジャレで世界各国を巡る絵本を朗読する長谷川義史さん=青山公民館
拡大
ダジャレで世界各国を巡る絵本を朗読する長谷川義史さん=青山公民館
絵を描きながら母親とのエピソードを披露した=青山公民館
拡大
絵を描きながら母親とのエピソードを披露した=青山公民館

 絵本作家・長谷川義史さんの絵本ライブが27日、兵庫県三木市志染町青山3の青山公民館で開かれた。集まった約120人が、絵本に込められた平和へのメッセージや長谷川さんのユーモラスな世界観を堪能した。

 市立図書館の主催。同公民館内にある青山図書館の開館10周年と、同市福井の中央図書館開館5周年を記念して企画した。長谷川さんは日本絵本賞などを受賞し、テレビ番組のスケッチ散策も人気を博している。

 ライブでは、長谷川さんが自身の作品を読み聞かせした。母親が登場する「おかあちゃんがつくったる」では、父親参観への出席を巡り、「(亡くなった)おとうちゃんつくってや」と放った長谷川少年。はかまでジーパンを作る荒技を見せる母親が「おとうちゃんはつくられへんわ」と返す姿に、会場は重たい空気が広がった。

 しかし、ページをめくると、背広を着た母親が参観に。「ミシンでつくってん」と話す母親の様子に一転、笑い声が響いた。

 小学校時代の恩師を作品にした「おおにしせんせい」なども紹介。沖縄の男児が作った詩を描いた「へいわってすてきだね」の朗読では、家族との暮らしや海の様子などに触れる点に着目し、「平和を考える中で日常生活を振り返り、『僕のできることを頑張る』と誓っている」と解説した。

 長谷川さんの絵本を持っているという児童(8)=同市=は「こたつの中で牛がぎゅうぎゅうになる「こたつうし」が面白かった」と話し、母親(42)は「絵本を通じて、いろいろなことを感じる心を育んでもらいたい」とほほ笑んだ。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 10%

  • 24℃
  • 9℃
  • 10%

  • 23℃
  • 14℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 10%

お知らせ