三木

  • 印刷
入校式後、マスクを外して記念撮影に臨む新任消防士ら=三木市志染町御坂
拡大
入校式後、マスクを外して記念撮影に臨む新任消防士ら=三木市志染町御坂
宣誓で決意を述べる門野敦也さん=三木市志染町御坂
拡大
宣誓で決意を述べる門野敦也さん=三木市志染町御坂

 兵庫県三木市志染町御坂の県消防学校で県内19の消防局・消防本部に今春採用された新任消防士130人の入校式があった。9月末まで半年間、仲間と寮生活を送り、現場に立つための精神力や技術を身に付ける。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、式の出席者は入校生と学校関係者に限定した。2週間前から検温と健康チェックを義務づけ、式前の検温で、微熱があった1人は入校を見合わせた。名前を呼ばれた生徒が返事をする「教育生紹介」も起立だけにとどめた。

 式では森田克彦学校長が「ここでの授業は皆さんが経験したことのない厳しさ。仲間と一緒に取り組むことが大切」と激励した。

 教育生を代表して宣誓した同県姫路市消防局の門野敦也さん(24)は、高校生の時、倒れている高齢女性を救助した経験があり、「人を助ける仕事に就きたい」と消防士を目指したという。「どんな災害からも市民を守れるように頑張りたい」と意気込んだ。

 教育生は今後、消防関連の法律を学んだり、山林火災を想定しホースを持って山中を歩いたりする訓練を受ける。

(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 30%

  • 22℃
  • 14℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ