三木

  • 印刷
小道を彩るコバノミツバツツジ=県立三木山森林公園
拡大
小道を彩るコバノミツバツツジ=県立三木山森林公園

 兵庫県三木市福井の県立三木山森林公園でコバノミツバツツジが満開を迎えている。園内にある遊歩道「ツツジの小道」では、穏やかな日差しの下、赤紫やピンクの花が風に吹かれて揺れている。

 同ツツジは、園内一帯で見ることができ、特に茶室近くの「つつじ尾根」に群生している。同園ではツツジの花芽を付きやすくするため、周辺の木を伐採して日当たりを改善した。その際に同小道も整備され、昨年3月には別の場所にも小道を設けていた。

 小道周辺ではウグイスの鳴き声が響き、ピンクの花びらや濃紫のつぼみを付ける木々が広がる。個体によって開花までのスピードが違うため、樹木医の梅木伸一郎さん(68)は「色の濃さが異なる花とつぼみの共演が見られる」と話す。

 例年は3月下旬に咲き始め、5月初めごろまで咲くが、梅木さんは「今年は咲き始めが早い。見頃も4月中旬ぐらいまでではないか」とみている。

 三木山森林公園TEL0794・83・6100

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 30%

  • 22℃
  • 14℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ