三木

  • 印刷
特殊詐欺への注意を呼び掛ける紙芝居風のポスターと作者の山中優奈さん=神戸電鉄志染駅
拡大
特殊詐欺への注意を呼び掛ける紙芝居風のポスターと作者の山中優奈さん=神戸電鉄志染駅

 兵庫県三木市内で相次ぐ特殊詐欺被害を食い止めようと、三木署と三木防犯協会は30日、神戸電鉄志染駅西改札口に紙芝居風の啓発ポスター8枚を掲示した。三木東高校2年の山中優奈さんが同署の依頼を受けて制作。「詐欺被害のことを駅を使ういろんな人に知ってもらえれば。1件でも被害を減らしたい」と力を込める。

 同署によると、市内では昨年12件の特殊詐欺被害が発生し、被害額は3千万円を超えた。今年も3月末までに既に5件と、前年同月比で4件増となっている。

 同署は昨年12月、高齢者向けの防犯講習に使用する紙芝居の作成を三木東高校美術部に依頼。山中さんは自ら立候補し、約3週間かけて完成させた。「自分がおばあちゃんになったつもりで文字の見やすさや、はっきりとした絵を心掛けた」と振り返る。

 新型コロナウイルスの影響で防犯講習開催が難しくなったため、同署は紙芝居をポスターにして人通りの多い駅改札口に掲示。還付金詐欺と、詐欺グループが自宅までキャッシュカードを取りに来る「カード手交型」の2パターンあり、電話越しの詐欺グループのメンバーを黒色で怪しさを表現した。

 掲示は5月末まで。市内の公民館でも掲げる予定。(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ