三木

  • 印刷
地元産の刃物などが並ぶ三木金物まつり=2017年、三木市福井
拡大
地元産の刃物などが並ぶ三木金物まつり=2017年、三木市福井

 兵庫県三木市最大の催しで産業と文化の祭典「三木金物まつり」が2年ぶりに開かれることが決まった。実行委員会は会場内での飲食を禁じるなど、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底するといい、事務局は「感染防止が一番大切。ウィズコロナでの地域イベント開催に努めたい」と話す。

 同まつりは1952年に「三木金物見本市」として始まり、84年からは現在の名称で企画されている。昨年は同感染症拡大を受けて開催を断念し、昭和天皇の容体が悪化して自粛した88年以来の中止となった。

 今年の開催は、先月29日にあった実行委員会で決定。ステージイベントは中止とし、飲食店コーナーはテークアウトに限り、会場規模も縮小する。

 日程は11月6、7日の2日間で、会場は三木山総合公園(同市福井)と周辺。コロナ感染が拡大し、三木市が緊急事態宣言対象地域に指定される可能性がある場合は中止もあり得る。

 事務局の市商工振興課は「難しい取り組みになると考えるが、開催を待つ市民も多いはず。感染防止に気を付けて実現させたい」としている。同実行委事務局TEL0794・82・2000(内線2234)

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ