三木

  • 印刷
インターネット予約のアクセス集中を知らせる市ホームページ
拡大
インターネット予約のアクセス集中を知らせる市ホームページ

 兵庫県三木市は19日朝、新型コロナウイルスワクチンの接種予約を再開した。8月7日までの予約が可能となり、午前中で7月27、28日分が定員いっぱいになった。インターネット予約は、アクセス集中でつながりにくい状況が一時発生したが、市は「大きな混乱には至らなかった」とする。今後のワクチン供給状況は未定だが、市は「要望を出している。供給量に応じ、予約可能な日程を増やしたい」と話す。

 集団接種や個別接種で使用したファイザー社製ワクチンの供給量が大幅に減少。先行きの見通しが立たないことから、市は6月28日から集団接種予約を一時停止していた。

 市はモデルナ社製ワクチンの供給を国に申請し、5800回分(約2900人分)を確保。7月21日には2千回分(約千人分)が届く予定で、同社製ワクチン計7800回分(約3900人分)を入手できたという。

 今回の再開では、予約枠約2700人分を開示し、18~59歳も含めて接種予約可能とした。市は週ごとに要望供給数を国に伝えるが、今後の供給量は未定。市ワクチン接種対策室は「できるだけ確保できるように最大数を求める」と話す。

 市内65歳以上の1回目接種率は80・39%(17日時点)に上るが、全体では34・15%で、ワクチン供給が必要な状況は続く。同室は「供給量に合わせて随時予約枠を空けていく。余裕を持って連絡するのでホームページなどで確認してほしい」としている。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ