三木

  • 印刷
収穫され、トラックに載せられるスイカ=三木市別所町小林
拡大
収穫され、トラックに載せられるスイカ=三木市別所町小林
大玉スイカを収穫する「小林G8クラブ」のメンバー=三木市別所町小林
拡大
大玉スイカを収穫する「小林G8クラブ」のメンバー=三木市別所町小林

 兵庫県三木市別所町小林の住民有志でつくるグループが種から育てた「実生(みしょう)スイカ」を収穫した。70~80代の高齢男性8人が丹精した逸品。昨年は5回販売し、約250個が完売した。今年も20日から地区内で直売がスタートし、好評を集めている。

 グループは40年以上の付き合いという住民8人でつくる。前身となる地域のボランティアグループから昨年改名し、「小林G8クラブ」として活動。スイカ作りにも昨年から取り組んでいる。

 「現在流通しているスイカはほとんど接ぎ木されており、実が固い。昔ながらの実生スイカを作りたい」。メンバーの一人で農家の赤松陸生さん(79)を中心に、真っ黒に日焼けしながら作業に励んだ。

 昨年秋から稲わらを用意し、準備を開始。4月上旬にポットに種をまき、5月上旬に畑に植え替えた。今年は梅雨が長く世話が大変だったといい、メンバーが毎日、スイカの様子を見守り病気の予防をした。

 19日には今年第1弾のスイカ約80個を収穫。10キロ超えの大物もあり、軽トラックの荷台はすぐに満杯になった。赤松さんは「肥料も改良し、愛情たっぷりに育てた。昨年よりおいしくできた」と話す。

 第2回の販売は22日午前10時から小林池西の駐車場で。8月初旬ごろまで1日おきに販売する予定。(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(8月4日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ