三木

  • 印刷
公園内の花々から蜂が集めたハチミツ=県立三木山森林公園
拡大
公園内の花々から蜂が集めたハチミツ=県立三木山森林公園

 兵庫県立三木山森林公園(三木市福井)は、園内で育てる蜂から採取したハチミツを7日午前9時から販売開始する。純度100%の三木山産ハチミツは、優しい甘さが特徴で「暑い日はソーダで割るのもおいしい」と担当者。「森からの贈り物を多くの人に味わってほしい」と呼び掛ける。

 同公園の養蜂は2009年から始まった。豪雨災害で被害にあった佐用町昆虫館からミツバチを避難させたのがきっかけで、当初は返還予定だったが、園内で育てることになったという。

 ミツバチは当時から代替わりし、新たに購入した蜂もいるが、展示ホール近くで飼育を続けている。職員とボランティアでつくる「ミツバチクラブ」が世話をし、毎年夏前にハチミツを採取。ろ過や瓶詰めもメンバーらが手作業している。

 今年は蜂が花の蜜を集める5、6月ごろに雨が多く降り、収穫量は例年より少なくなったという。甘さと風味が広がる一方で後味はスッキリとし、「本来の味を堪能してもらえる」と自信を示す。

 同園では販売用に140個を用意した。1個(50ミリリットル)300円。購入は1人2個まで。売り切れ次第終了する。同園の担当者は「これも自然を楽しむ一つの方法。さまざまな形で森を親しんでほしい」と話している。同園TEL0794・83・6100

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ