三木

  • 印刷
今後の病院経営などについて問われた定例会=北播磨総合医療センター
今後の病院経営などについて問われた定例会=北播磨総合医療センター

 北播磨総合医療センター(兵庫県小野市市場町)は2日、2020年度決算を発表した。経常収支は2年連続の赤字で、4億6700万円のマイナスとなった。新型コロナウイルス感染症の影響を受けたが、経営改善対策で下期経常収支は「ほぼ均衡まで改善した」としている。同日に行われた同センター企業団議会定例会では、ポストコロナを見据えた病院経営に質問が相次ぎ、小野市長の蓬〓務企業長は「21年度決算は黒字になる見通し」と表明した。

 同センターは三木市と小野市の統合病院として13年に開業。19年度は、同年3月に同感染症で休診したことや、患者数減少で診療収入が減少し、経常収支は1億4300万円のマイナスを計上していた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ