三木

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県三木市最大の催しで11月6、7日の開催を予定していた「三木金物まつり」について、運営する実行委員会は中止を決定した。実行委は新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底した上での開催を今年6月に決定したが、感染が拡大している現状を受けて断念した。中止は2年連続。

 同まつりは1952年に「三木金物見本市」として始まり、84年からは現在の名称で催している。昭和天皇の容体悪化による自粛以外は毎年開催してきたが、昨年は同感染症の影響で開催取りやめに。今年は飲食店コーナーをテークアウトのみとするなど、例年より規模を縮小して準備を進めていた。

 実行委では、現在の感染状況や県内などで予定されるイベントの対応などを確認し、今月9~13日に書面決議を実施。その結果、中止の意見が多数を占めたという。

 事務局の市商工振興課は「2年連続の中止に大きな落胆もあるかと思うが、安全を最優先した結果。理解してもらいたい。来年こそはできるようになれば」としている。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ