三木

  • 印刷
動物に関する作品が並ぶ会場=堀光美術館
拡大
動物に関する作品が並ぶ会場=堀光美術館
作家の個性が光る作品の数々=堀光美術館
拡大
作家の個性が光る作品の数々=堀光美術館

 絵本「じごくのそうべえ」シリーズで知られる田島征彦さんの作品や、動物の絵画や木彫が並ぶ展覧会が、堀光美術館(兵庫県三木市上の丸町)で開かれている。パンダや羊、馬などさまざまな動物たちの表情を作者それぞれの個性で表現した約30点を展示している。23日まで。(長沢伸一)

 同館は兵庫県に緊急事態宣言が発令されたため休館となり、14日から再開した。今回の展覧会は夏休みの子どもたちに楽しんでもらおうと、同館所蔵の中から動物に関する作品を選び展示している。

 会場には、田島さんの絵本「みみずのかんたろう」の型絵染の原画も。怒ると色の変わるミミズの姿など、原作の世界観を堪能できる。また、田島さんの版画作品「駒」は、コミカルな表情を見せる赤色の馬が印象的だ。

 今にも牙をむいて襲いかかってきそうな虎の日本画は迫力満点。ササを食べるパンダの様子を描いた油彩画や、目を閉じた木彫の羊など、ほのぼのした様子を浮かび上がらせる。

 このほか、今年生誕130年を迎えた大正・昭和期を代表する日本画家堂本印象の作品3点を展示しているコーナーもある。

 同館の担当者は「絵本のかわいい絵や動物をテーマにした作品を見て、小さいお子さんにも美術館に親しんでもらえれば」と話している。

 午前10時~午後5時。入館無料。21日が休み。堀光美術館TEL0794・82・9945

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ