三木

  • 印刷
熱戦を繰り広げる選手ら=三木総合防災公園野球場
拡大
熱戦を繰り広げる選手ら=三木総合防災公園野球場

 兵庫県三木市や神戸市などのチームが出場する「第29回三木市長旗争奪少年野球大会」(神戸新聞社など後援)が3日、三木山総合公園野球場(三木市福井)など4会場で開幕した。32チームが頂点を目指して白球を追いかけた。

 同市軟式少年野球協会が主催。この日は1回戦16試合が行われ、三木市から出場した4チームのうち、3チームが初戦を突破した。

 県立三木総合防災公園野球場(同市志染町三津田)での第1試合では、くるみビックス(三木市)と佐用WHARPジュニア(佐用町)が激突。両チームの選手は懸命にバットを振り、ダイヤモンドを駆け抜けた。

 試合は序盤から適時打などで効率よく加点した、くるみビックスが9-2でコールド勝ちした。由井陵佑主将(11)は「打撃練習の成果を出せていいムードで試合ができた。優勝目指して頑張りたい」と話していた。

 同大会は9日に2回戦と準々決勝、10日に準決勝と決勝が行われる予定。(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ