三木

  • 印刷
初の個展を開いた西田想さん=ギャラリー驟
拡大
初の個展を開いた西田想さん=ギャラリー驟

 兵庫県加東市在住のイラストレーター西田想さん(19)の個展が、ギャラリー驟(しゅう)(同県三木市与呂木)で開かれている。来春の高校卒業を前に初の個展を開催。かわいらしいタッチのイラストなど約60点が並び、ファンタジーの世界にいざなう。

 西田さんは、物心ついた時から絵を描くのが好きで漫画などを写して遊んでいたという。高校2年からイラスト作品を手掛けるようになり、現在は通信制高校で学びながら「Lucy」(ルーシー)の名前でイラストレーターとして活動している。

 インターネットや本で資料を探し、構想を膨らませる。街角をテーマにした作品では、さまざまな路地を参考に構図を考えた。若い女性が住宅街の展望台に立つ情景のイラストは、まるでアニメの一場面のよう。穏やかに流れる雲や咲き誇る桜などの風景を描いたパステル画は心を和ませる。

 西田さんは「ふんわりした絵を見てゆっくりと過ごしてもらえれば」と話している。

 17日まで。午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。月曜、火曜休み。作品の販売も行っている。ギャラリー驟TEL0794・83・5567

(長沢伸一)

三木北播
三木の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ