三木

  • 印刷
ドライフラワーを使い、アクセサリーを作製する村上実花さん=神戸市西区神出町広谷
拡大
ドライフラワーを使い、アクセサリーを作製する村上実花さん=神戸市西区神出町広谷

 花びらが開いた立体感を表現したアクセサリーの制作に村上実花さん(35)=兵庫県三木市=が取り組んでいる。ドライフラワーを加工して生み出しており、「世界に一つだけのアクセサリー」をテーマに制作。ピアスやイヤリング、ブローチなど種類は多岐にわたり、「多くの人に手に取ってもらいたい」と作業に臨む。

 アパレルの販売員だった村上さんは、店で扱うアクセサリーを見るたびに「ここを改善したらもっとよくなるのに」と感じることが多かったという。独学で制作に挑戦し、当初は自分で使っていたが、友人の評判となり、5年ほど前から作家「mi-kanon(みかのん)」として活動を始めた。

 樹脂の中に花びらを入れて固める手法が多いが、村上さんは、花びら1枚ずつに筆で樹脂をコーティングしており、「花の個性を生かすためだが、繊細で難易度は上がる。工作苦手なんですけどね」とほほ笑む。

 別の仕事もしているため、作業は夜間や休日が中心で、現在は「cafeこはる」(神戸市西区神出町広谷)や、花の雑貨店「アドゥスイール」(同県明石市小久保2)で常設販売する。対面販売も重視しており、12月5日には「かじやの里メッセみき」(同県三木市福井)である「カントリーフェスタ」にも参加する予定だ。

 村上さんは「自分の作品を着けてもらえることがうれしい。今後は県外にも発信できれば」と話した。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ