三木

  • 印刷
完成した化粧水などをアピールするみきヴェルデの村上裕重代表(左)ら=三木市別所町西這田1
拡大
完成した化粧水などをアピールするみきヴェルデの村上裕重代表(左)ら=三木市別所町西這田1

 ハーブ栽培や加工販売に取り組む「みきヴェルデ」(兵庫県三木市別所町西這田1)が、レモングラスやレモンバーベナを使った化粧品の販売を始めた。特産品化を目指し、香寺ハーブ・ガーデン(同県姫路市)の力を借りて商品を開発。化粧水やせっけんなどを用意し、同社は「多くの人に使ってみてほしい。一度試してみて」とアピールする。

 同社は、市民グループ「市ハーブ産業推進協議会」を前身とし、2015年に株式会社化した。ハーブ栽培とともに、ハーブティーやバジルカレーなどの加工品を販売してきた。

 新商品は、同社が栽培したレモングラスとレモンバーベナを香寺ハーブ・ガーデンで製造加工し、化粧水(2750円)▽美容液(3300円)▽ハンドケアスプレー(1320円)▽保湿クリーム(1980円)▽せっけん(1320円)-を用意した。

 保湿クリームにはホホバ油などを使用し、「ハンドケアスプレーのエタノールは植物由来。どれもほぼ無添加です」と村上裕重代表(38)。店頭にはそれぞれ15点ほどが並ぶといい、「来年以降は量を増やしていければ」と話している。

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ