三木

  • 印刷
黄色の花を咲かせているサボテン=三木市加佐
拡大
黄色の花を咲かせているサボテン=三木市加佐

 兵庫県三木市加佐の理容室「髪ステーション」の花壇で、サボテンが鮮やかな黄色の花を咲かせている。100輪ほどが毎日開花し、近隣住民を楽しませている。

 同店経営の山口剛さん(66)によると、サボテンは10年ほど前に、客からもらったといい、種類は不明。当初はプランターや鉢で育てていたが、約5年前に店を移転した際に花壇に植え直したという。現在は10本が育ち、毎年花を付ける。

 今年は5月中旬からつぼみが膨らみ、6月初旬に咲き始めた。サボテンの花は開花後、1日でしぼんでしまうが、順々に別のつぼみが開き、毎日黄色の花が彩っている。

 山口さんによると、6月中旬まで開花が続きそうという。「サボテンは冬の間はしおれてるので、花が開くと生命力を感じて元気がもらえる」と話している。(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ