People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

トアロード文学散歩 国際色豊か、文化の交差点 2020/10/07

記事

西東三鬼が長期滞在したホテル跡を探訪する神戸文学館学芸員の北村暁子さん=神戸市中央区下山手通2

 神戸文学館(神戸市灘区王子町3)の学芸員北村暁子さんを案内人に、トアロードを描いた小説や作家のゆかりの地を巡る文学散歩。開港後、外国人居留地と山手の雑居地を結ぶ道は、「日本で働く外国人の生活道路であり、船から上陸した観光客の買い物スポットでもあった」と北村さんは言う。衣食住の国際色豊かな環境は、文学作品に彩りを与えている。(伊田雄馬)

     ◇

 坂を下って、山手幹線を渡ると、服飾店が目立って増えることに、北村さんが注意を促す。

 高度経済成長期、ベストセラー作家の山崎豊子(1924~2013年)は、神戸の都市銀行が舞台の「華麗なる一族」で、高級店が並ぶ富裕層の社交場としてトアロードを描いた。

 そこに現れるのは、オーナー頭取と愛人関係にある高須相子。本妻に代わって一家を取り仕切る彼女は、岡本の高台からハイヤーで乗り付け、女主人の愛想をさらりと受け流す。

 「阪神間マダムの買い物の場として、作品に花を添えています」

記事

薫製品やハム・ソーセージが名物の「トアロードデリカテッセン」=神戸市中央区北長狭通2

 生田新道に近づくと見えてくるのが中華会館(下山手通2)。華僑の交流拠点で、階上には「東亜ホール」がある。

 「はっきりとは分かっていないのですが」と前置きしつつ、北村さんが紹介するのは「神戸」「続神戸」。特高警察に逮捕された俳人西東三鬼(さいとうさんき)(1900~62年)が、仕事も家庭も捨て流れ着いた神戸暮らしをつづる自伝的小説だ。

 主人公の「センセイ」が居を定めた「コスモポリタンのハキダメの、国際ホテル」のモデルが、この辺りにあったという。

 彼を取り巻くのは、職業不詳のエジプト人や白系ロシア人や台湾人に、バーのマダムなど癖のある面々。「港町の国際性をユーモラスに描き、今も根強い人気があります」

 阪急とJRの高架の手前で立ち止まったのは、青い看板が目印の「トアロードデリカテッセン」(北長狭通2)。49年創業のこだわりの高級食品店は、阪神間育ちの村上春樹(49年生)の長編「ダンス・ダンス・ダンス」で、主人公「僕」の作るサンドイッチの目標として名前が挙がる。

 「田辺聖子(1928~2019年)も、この店を愛しました」と北村さん。

 〈焼き立てのパンを「フロインドリーブ」で買って「デリカテッセン」でハムを二百グラムばかり包んでもらい、「にしむら」で珈琲(コーヒー)を飲んでぼんやりする。これができれば最高の休日である〉(「歳月切符」)

 トアロードのイメージは神戸そのもの。「西洋文化との交わりが生んだ街並みが多くの人に愛されてきたことが、文学作品からも分かります」