People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

百数十軒ひしめき人出絶えず 神戸に幻の商店街 2021/02/09

記事

1935年当時の小野中道商店街(商工省商務局「神戸市内商店街ニ関スル調査」より、神戸市立中央図書館蔵)

 大安亭(おおやすてい)市場の成り立ちを取材する中で、神戸最古といわれる今はなき商店街に興味が湧いた。

 小野中道(おのなかみち)商店街-。小野柄(おのえ)通と御幸(ごこう)通の間、現在の神戸阪急から生田川にかけて東西約760メートルに及ぶ、神戸市内屈指の商店街だったという。

 ビジネス街に変じた今の姿からは想像しにくいが、資料をひもとくと、確かに「幻の商店街」として紹介されている。

 旧生田川跡に整備された滝道(現フラワーロード)には、1910(明治43)年に開業した市電(春日野道-兵庫駅前間)の停留場ができ、12(大正元)年には阪神電車が延伸。周辺の人口が増大し、立地として恵まれていたようだ。

 「葺合ものがたり」(葺合区役所発行)によると、店は百数十軒がひしめいて夜遅くまで人出が絶えず、芝居小屋や寄席もある庶民の娯楽の町で、スズラン灯が付けられていたとある。センター街はまだ店もまばらで「みすぼらしい通り」だったというから驚く。

 だが、商店街は戦時中に建物疎開で撤去され、空襲により焦土と化す。戦後は一帯に占領軍が「イーストキャンプ」を設置。再建はかなわなかった。

記事

旧大安亭市場で1925年に創業した「恋水商店」の恋水賢弘さん=神戸市中央区旭通3

 現地を歩くと、小野中道商店街に隣接する旧大安亭市場跡で、古くからの青果店を営む人に出会った。

 「恋水(こいみず)商店」(同市中央区旭通3)の恋水賢弘(たかひろ)さん(63)。祖父の力一さんが25(大正14)年に創業し、父の照雄さんから38歳で店を継いだ。

 賢弘さんも小さい頃からサトイモの皮むきや袋詰めなど店を手伝った。「おかげで手際はいいですよ」。店頭だけでなく、奥の冷蔵庫にも新鮮な野菜や果物が並び、忙しく立ち働く。

 賢弘さんによると、旧大安亭市場は旭通3、4丁目から雲井通にかけて南北に店が立ち並び、行き交う人で繁盛した。だが、戦争は街の形を変え、恋水商店は焼け残ったが、にぎわいは戻らなかった。

 市場が姿を消したのは、賢弘さんが生まれるだいぶ前のことらしい。「あまり話を聞いたことがない」と残念がる。

 店の歴史を詳しく尋ねると、「実は、いったん旧大安亭から二宮市場に移り、もう一度、今の場所に出てきたんです」。

 どういうことだろうか。(安福直剛、坂井萌香)