People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

灘高で過労死の実態語る 長男なくした女性が講演 2019/02/20

記事

 過労死被害者の家族の思いや長時間労働の実態を学ぶ授業が19日、灘高校(神戸市東灘区魚崎北町8)であった。厚生労働省による啓発授業の一環。2006年にIT企業に勤めていた長男=当時(27)=を過労死で亡くした神戸市の西垣迪世さんが経験を伝え、1年生約210人が熱心に耳を傾けた。

 厚労省は16年秋から、中高生を対象にした過労死の出前授業を開始。過労死遺族や労働問題に取り組む弁護士らが、働き過ぎのリスクや問題点を解説している。

 西垣さんの長男和哉さんはシステムエンジニアとして勤務。長時間労働によりうつ病を発症し、大量の薬を服用して亡くなった。

 西垣さんは、和哉さんが月150時間以上の時間外労働を強いられた実態を振り返り、「労災認定されたが、大切な息子はもう戻ってこない」と悲痛な思いを語った。

 14年に「過労死等防止対策推進法」が成立したものの、その後も過労死が相次ぐ現状を嘆き、「命は何よりも尊い。将来、経営者の立場になっても働く人のことを考えて」と訴えた。

 講演を聴いた男子生徒(16)は「過労死遺族の話を聞いたのは初めてで、過酷な労働実態に驚き、衝撃を受けた。将来は働く立場になるので、過労死を無くすための問題点をもっと考えていかなくてはいけないと感じた」と話した。(末永陽子)