People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

窓に季節感じる絵手紙飾る 神戸・東灘のバス停前民家 2019/03/05

記事

 2月半ば、阪神バス「甲南本通」(神戸市東灘区甲南町3)のバス停前に、約20枚の絵手紙やカレンダーを窓に飾る民家を見つけた。スイセンやミカンなど季節の植物や「寒いけどがんばろう」という言葉が描かれている。なぜこの場所に?

 飾っているのは河野照夫さん(72)。3、4年ほど前、友人と通っていた絵手紙教室の講師吉田光子さん(71)=同区=に、自宅の窓に絵手紙を飾らせてもらえないかと提案した。「昼間のバスの利用者は高齢者も多い。季節を題材にすることも多い絵手紙やカレンダーを飾れば、季節感や曜日感覚を忘れないし、喜んでもらえると思った」と河野さん。

 墨や専用の絵の具を使って草花、言葉を描き、月2回、河野さんに届けている吉田さん。「ほっとしたり懐かしんだりして、日々の活力になればうれしい」とほほ笑む。

 梅の花と共に「早春の香り心安らぐ」としたためられた絵手紙は、季節の移ろいを感じさせてくれた。(吉田みなみ)