People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

高齢者向け スマホ操作の支援検討 本紙大倉山専売所 神戸 2020/02/01

記事

 神戸市中央区と同市兵庫区を配達エリアに持つ大倉山専売所(中央区楠町1)では、高齢者向けのスマートフォン操作の支援サービスを検討中だという。

 同専売所では、家具の移動など高齢者の身の回りをサポートするサービスは行っているが、昨今、集金などを行うスタッフから「1人暮らしの高齢者が増えている」と聞き、スマホに特化したサービスを始めようと考えたという。

 専売所のスタッフが、依頼者の自宅まで出向き、メールの使い方や、設定方法などについてお手伝いすることを想定している。

 水谷光行所長(57)は「今後もシニア向けの手伝いを広げて行ければ」と話す。(川村岳也)