People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

トイレに行くと戻れない? かつては高級肉料理店だった政党施設 2020/02/28

記事

 新開地本通りで、ひときわ目を引く共産党県委員会(神戸市兵庫区新開地3)の重厚な建物。政治や選挙関連の取材で何度となく訪れたが、内外観の斬新なデザインは、華やかしき頃の新開地の名残を感じずにはいられない。実はこの建物、1965(昭和40)年に高級肉料理店「赤のれん」の店舗として建設され、焼き肉やすき焼き専用スペースや披露宴もできる宴会場も完備されていた。県委員会の許可を得て、建物内を見せてもらった。(杉山雅崇)

記事

 県委員会によると、設計者は、兵庫県南あわじ市出身で、洲本市庁舎や豊岡市民会館などを手掛けた建築家増田友也=故人。赤のれんが閉店した80年に県委員会が購入し、以後、使用している。

 建物は客船をイメージした4階建てで、上階にある窓は船窓を、屋上にある構造物は船のブリッジを模しているという。まるで大型客船が東に進んでいるかのような姿だ。

記事

 建物内をくまなく探索してみる。かつて2階には「スキヤキブース」と名付けられたスペースがあった。現在は通路となっているが、往時は換気設備やコンロが数多く完備されていた。宿泊もできていたとみられる和室から、100人以上は優に収容できる宴会場まで、約30の部屋があったというが、今は会議室や事務室に姿を変えているため、当時の面影はない。

 増改築を繰り返したのか、館内の通路はさながら迷路のようだ。「初めて来た人はまず迷ってしまうんです。トイレに行ったと思ったら戻ってこない」と県委員会職員は笑う。

記事

 屋上に上がると、ビアガーデンなどに使われていたとみられるスペースがある。以前は、ここから南を見渡せば神戸港が望めたそうだが、特に阪神・淡路大震災以降、増加したマンションに視界をはばまれてしまっている。

 近年は、増田氏が設計し、今も使用されている貴重な建物として、県外から見学に訪れる大学生もいるという。県委員会の松田隆彦委員長は「エレベーターもないため、館内の上り下りは苦労する。しかし、新開地の歴史を伝える重要な建物。大切に使っていきたい」と話した。

記事