People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

中高生モデルら堂々と 神戸・北区でファッションショー 2019/09/17

記事

 神戸市北区で最大級のファッションショー「北神戸コレクション」が16日、北神区民センター(同区藤原台中町1)で開かれた。フリーペーパー「神戸美少女図鑑」のモデルたちが、堂々とランウエーを歩き、地元の高校生も和太鼓やダンスで華を添えた。

記事

 同区の美容室などでつくる実行委員会がショーで地元を活性化させようと企画し、8回目。

 今年のテーマは「虹」。「神戸-」のステージでは中高生のモデルら6人が虹のように色鮮やかな衣装に身を包み、笑顔で横一列に並んでポーズを決めた。

 唐櫃中2年の女子生徒(14)は初めての出演。同級生らが会場に駆け付けたといい、「緊張していたが舞台に立つと楽しめた。悔いなく100点のステージだった」と笑顔を見せた。

 神戸鈴蘭台高校(北区山田町下谷上)の和太鼓部とダンス部も、一体感のある演技で会場を盛り上げた。同部副部長の2年生前田天璃さん(16)は同世代のモデルに刺激を受けたといい、「ステージでの歩き方や表情など、ダンスにも生かせる部分があると思った」と話した。(田中宏樹)