People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

過酷な現場も“使命感”で配達 神戸新聞北神ニュータウン専売所 2019/10/20

記事

配達のためにチェーンと鉄の棒を常備する本紙北神ニュータウン専売所=神戸市北区京地2

 唐櫃、藤原台専売所を管理し、北神地区全域の配達を手掛ける北神ニュータウン専売所(神戸市北区京地2)。3専売所を合わせた配達エリアは市内最大で、1回の配達走行距離が80キロを超えるスタッフもいる。

 新興住宅から有馬温泉、山間部の集落などバリエーションに富み、冬季の間は全ての車両が冬用タイヤを使用。想定外の積雪の際に使えるよう、チェーンも常備している。

 また、イノシシや野犬など野生動物にばったり出くわすことも多く、襲われたときのために鉄製の棒もバイクに積んでいる。

 同専売所の村井真一店長(46)は「冬はバイクに乗っていると手袋をしていても手が痛くなるほど寒い。でも読者からの“ありがとう”という声が励みになる」と話していた。(西竹唯太朗)