People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

農工住学の都・神戸市西区 魅力や歴史、暮らしに迫る「西マンスリー」 2019/11/05

記事

 都市近郊農業が盛んで、先端分野の工業団地や、旧明石郡7町とニュータウン(西神中央、西神南、学園都市)が広がる神戸市西区。農業人口、耕地面積ともに市内最大の「農都」であり、5エリアの工業団地を抱える「工都」であり、市内最多の約24万人が暮らす「住都」であり、6つの大学がある「学都」でもある。

記事

 神戸版特区シリーズ第7弾「西マンスリー 農工住学」では12月下旬まで、「農」「工」「住」「学」が調和し、発展してきた、まちの魅力や歴史、生きる人々の暮らしに迫る。(村上晃宏)