People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

たべもの祭りに巨大米粉お好み焼き登場 神戸・西区 2019/12/08

記事

 神戸市西区などで収穫された新鮮な農産物を使った料理を楽しむイベント「こうべ地域のたべもの祭り」が7日、同市西区押部谷町高和の神戸ワイナリーで開かれた。地元特産のイチジクの加工品などに加え、直径1メートルの巨大な米粉お好み焼きや神戸ビーフを焼くブースが並び、家族連れでにぎわった。

記事

 地産地消を通し、食の関連団体が魅力を発信しようと、JA兵庫六甲などでつくる実行委が主催した。

記事

 名物の米粉お好み焼きは約50食分。上手にコテと鉄板を使って引っくり返され、来場者がおいしそうに頬張っていた。栗やレンコンなどを使った彩り豊かなタイ風炒めご飯などにも長蛇の列ができた。

記事

 神戸ビーフを味わった井吹西小6年の男児(12)は「やわらかくておいしい」と笑顔。野菜たっぷりのチヂミを販売した神戸学院大のサークル「農園enjoy life」代表の藤井文さん(20)は「多品種の近郊農業が西区の特徴。料理を味わってもらい、良さを知ってもらいたい」と話していた。(井上 駿)

記事