People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

会員制度や格安朝市… お得な企画満載 本紙西神販売所 2019/12/28

記事

会員特典の花を持つスタッフ(左)と朝市の様子=西神販売所

 神戸市西区の一部を配達エリアに持つ西神販売所(兵庫県明石市西新町)では、会員制の「神戸新聞サポートクラブ(KSC)」を今年1月に発足させた。特に会員の誕生日など記念日にプレゼントする鉢入りの花は好評で、「つぼみだった花が咲きました」と喜びの声も。現在は約170人が入会している。

 また、8月からは、毎月第3土曜日に、新鮮野菜を販売する朝市を開催している。価格は格安の百円。淡路産のタマネギや丹波産の枝豆など県内の特産品も並び、近隣住民がこぞって訪れる。

 寺岡康広所長は「地域密着を生かし、読者とつながる機会を積極的に増やしたい」と意気込む。(川崎恵莉子)