People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

「自殺思いとどまった」YouTubeで法話配信 神戸・須磨寺 2019/06/02

記事

 5月上旬、厳かな雰囲気に包まれる須磨寺(神戸市須磨区)の書院は聴衆で埋まった。檀家だけではない。学生など若者の姿もあった。同寺の小池陽人副住職(32)が開いた、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公開収録。法話を聞こうと区内外から300人以上が駆け付けた。「どれだけ良い教えでも伝わらないと意味がない」。小池さんは、ユーチューブでの発信や、若手僧侶たちが法話の巧みさを競う「H-1グランプリ」の開催など新たな挑戦を続けている。(長沢伸一)

 1100年以上の歴史と伝統を持つ同寺は、小池さんの母親の実家で、20代前半、僧侶になる道を選んだ。ただ、自分たち世代も含め、仏教離れが進んでいる現状に不安も大きかった。

記事 「今までにない新しい試みで、仏教に親しみを持ってもらえないか」

 目を付けたのがユーチューブだった。ウェブ制作会社に勤務していた知人の協力を得て、「須磨寺小池陽人の随想録」と名付けたチャンネルに配信を始めたのは2年前。自身の法話のほか、不動護摩供など同寺の行事や、市立鷹取中学校の生徒との共同制作など、これまでに配信した動画本数は70本以上に上る。再生回数が4万回、6万回を超えたものもある。

 見てもらいやすいように1本10分前後でつくり、カット割りも工夫している。最も大切にしているのは僧侶の“説教”ではなく、見る人と同じ目線での話し方。難しい仏教用語はできるだけかみ砕いて伝えることだ。

記事

 反響も大きく、全国各地から手紙やコメントが寄せられ、中には「自殺しようと思ったが、動画を見て思いとどまった」といった内容もあった。また、病気や高齢などで寺に足を運べない人にも好評という。

 「最近は、葬式仏教のイメージが強いが、仏教の教えは本来、生きている人のための指針」と小池さん。「現代の課題を解決するための知慧が込められている。辛口のコメントを受けることもあるが、少しでも多くの人とご縁ができ、役立てられたら」と力を込める。

 動画はユーチューブで「須磨寺小池陽人の随想録」から視聴できる。

記事

     ◇

 2日には若手僧侶らが宗派を超えて法話力を競う「H-1グランプリ」が須磨寺で開催される。