People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

須磨海岸で地引き網漁に挑戦 豊富な種類に小学生歓声 2019/06/05

記事

 西須磨小学校(神戸市須磨区行幸町3)の3年生約150人が5日、同区の須磨海岸で、地引き網漁に挑戦した。体長30センチ以上の大きな魚やタコ、イカが取れ、豊富な生き物の種類や魚の力強さに歓声を上げた。

 地元の若手漁師らでつくる「須磨浦水産研究会」が数年前から、須磨の海の生き物を知ってもらおうと、同小3年生を対象に開く。

記事

 砂浜での地引き網漁体験で、二手に分かれた児童が網の両端を持って力いっぱい引っ張り、魚介類が姿を現すと「何かいる」と目を輝かせた。取れたボラやタイ、ヒラメ、ナマコなどは水槽に入れられ、児童が実際に触れて楽しんだ。女児(9)は「タイは触る場所で感触が違っていた」と声を弾ませた。

 その後、須磨海浜水族園の職員が魚介類の生態を解説。「コブダイの顎は強力で、サザエのような固い殻もかみ砕く」「キュウセンは成長すると性別が変わり、雌は赤ベラ、雄は青ベラと呼ばれる」などの説明に児童は聞き入った。

 女児(8)は「こんなにたくさんの種類がいるなんて知らなかった」。男児(9)は「魚が元気に泳げるよう須磨の海を奇麗に保ちたい」と話した。(村上晃宏)