People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

マンション群を移動する八百屋 神戸・北落合 2019/07/04

記事

 JA兵庫六甲須磨支店(神戸市須磨区北落合1)は、朝採りの新鮮な野菜を提供するサービス「マルシェ」を毎週火曜日に行っている。同支店は金融機関の業務がメインだが、火曜の朝は店舗付近の通路が即席の「八百屋」になる。

 サービスはJA兵庫六甲が展開する「移動販売」。同支店では約4年半前から週1回開催されている。

 午前10時前、スーパーや美容院が集まる通りに野菜のケースが並ぶ。取材をした5月下旬の目玉商品は、同市西区の畑やビニールハウスで朝に収穫したトマトやキュウリなど数十種類。マンションや住宅が集中する北落合地域は、平日の午前中といえど人通りが多く、大勢が足を止めていた。

 「今日も安いね」とレタスを品定めする60代の女性客は「スーパーより安いし、質もいいのよ」と職員に代わってPR。作りたての餅やパンの販売もあり、「お土産にと買う人も多いですよ」と職員。商品は同11時ごろまでに売り切れた。

 販売は午前10時~同11時半。(津田和納)