Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

川喜田半泥子を育てた名品~石水博物館の茶道具

ツイート facebook シェア Google Plus

2018年10月13日~2018年12月23日

神戸市東灘区|香雪美術館

  • 川喜田半泥子「黒茶碗 銘 無茶太郎」(1940年ごろ)

千利休や狩野永徳らの名品も展示

 川喜田半泥子(かわきたはんでいし)(1878~1963年)は、北大路魯山人(ろさんじん)と並んでファンの多い近代の陶芸家。津市の名家に生まれ、百五銀行頭取を務めた実業家でもあった。彼の生家・川喜田家ゆかりの茶道具を中心に紹介する「川喜田半泥子を育てた名品~石水(せきすい)博物館の茶道具」展が23日まで、神戸市東灘区御影郡家2の香雪美術館で開かれている。

 川喜田家は伊勢国・津を拠点とした豪商。近世、江戸・日本橋に木綿仲買の店を構え、木綿問屋として発展した。歴代当主たちは、茶道具や絵画の収集家としても知られる。半泥子は、16代当主・久太夫政令(きゅうだゆうまさのり)の雅号。書画や俳句を愛する趣味人で、陶芸にも一流の才を示した。

 会場には、半泥子自身による焼き物とともに、朝鮮王朝時代の「井戸茶碗 銘 紅葉山」、桃山時代に作られた「古伊賀水指 銘 鬼の首」、茶人・千利休、小堀遠州の茶杓(ちゃしゃく)といった名品の数々を展示。絵師・狩野永徳の書状なども並ぶ。(堀井正純)

INFORMATION

イベント名
川喜田半泥子を育てた名品~石水博物館の茶道具
開催期間
2018年10月13日~2018年12月23日
開催時間
午前10時~午後5時(入館午後4時30分まで)
開催場所
香雪美術館
住所神戸市東灘区神戸市東灘区御影郡家2
アクセス
阪急御影駅から徒歩約5分
料金
一般800円、大学・高校生500円、中学生以下無料
電話番号
同館TEL078・841・0652
URL
http://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/
備考
月曜休館

地図を見る

更新日:2018/12/05

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ