Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

神戸ルミナリエ

ツイート facebook シェア Google Plus

2019年12月06日~2019年12月15日

神戸市中央区|旧外国人居留地、東遊園地

  • 12月2日の試験点灯より

  • 12月2日の試験点灯より

  • 12月2日の試験点灯より

白熱電球 ぬくもり復活

 阪神・淡路大震災から間もなく四半世紀。犠牲者を悼み、記憶をつなぐ光の祭典「神戸ルミナリエ」が12月6~15日の10日間、神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で開かれる。25回目の節目となる今年は、白熱電球の作品を復活させ、語り部ブースを設置。組織委は「震災を知らない世代へ、25年間の記憶を語り継ぐ機会になれば」としている。

 1995年に未曾有(みぞう)の被害をもたらした阪神・淡路大震災。神戸ルミナリエは犠牲者の追悼と復興への希望の光としてその年の暮れに始まって以来、被災した人々の心と傷ついた街を癒やし続け、神戸の冬の風物詩としてすっかり定着した。

 今年のテーマは「希望の光に導かれて、25年」(Da 25 anni,guidati dalle luci della speranza)。作品を手掛けたイタリア人の制作ディレクター、ダニエル・モンテベルデさんが、「ルミナリエの光は、一人一人の献身や努力、愛の象徴。永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージに」などの思いを込めた。

 道路上のコースは昨年と同じ総延長約270メートルで、約50万個の電球を用いる。発光ダイオード(LED)電球が大半だが、白熱電球も約2万2千個使用。東遊園地近くの1区画を「メモリアルゾーン」として、初期から使用していた白熱電球の温かな光で壁状作品を展開する。

 また東遊園地内に、追悼行事「1・17のつどい」の実行委員会とともに語り部ブースを設置。震災時に神戸市が支援を受けた国内外の都市の名前も「感謝のボード」として掲示する。

 光の彫刻作品は、丸い意匠が愛らしい3連の門構えを軸とした玄関作品「フロントーネ」からスタート。光の壁掛け「スパッリエーラ」といざない、後方のアーチ状作品「ガレリア」「メモリアルゾーン」に続く。仲町通を抜けて東遊園地に到着すると、高さ約21メートルのドーム状の巨大作品が出迎える。震災犠牲者を追悼するガス灯「1・17希望の灯(あか)り」も高さ約4メートルのアーチで飾る。

 会場は旧外国人居留地から東遊園地へ一方通行。点灯時間前後は混雑するため、できるだけ時間を遅らせて来場を。土、日曜は特に混雑が予想される。会場へは公共交通機関のご利用を。

INFORMATION

イベント名
神戸ルミナリエ
開催期間
2019年12月06日~2019年12月15日
開催時間
月~木曜=18時ごろ~21時半▽金曜=18時ごろ~22時▽土曜=17時ごろ~22時▽日曜=17時ごろ~21時半。混雑状況により点灯時間を繰り上げる場合あり。荒天時は点灯を見合わせることもある
開催場所
旧外国人居留地、東遊園地
住所神戸市中央区
電話番号
神戸市イベント案内・申し込みセンター TEL078・333・3372(8~21時)
URL
http://kobe-luminarie.jp/

地図を見る

更新日:2019/12/07

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ