Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

138億光年 宇宙の旅

ツイート facebook シェア Google Plus

2019年12月21日~2020年02月02日

明石市|明石市立文化博物館

  • 望遠鏡がとらえた惑星や星雲など、美しい写真が並ぶ特別展=明石市立文化博物館

最先端の技術で宇宙の魅力を紹介

 太陽や地球、惑星、銀河、星雲など、天体観測や宇宙開発の最新の成果を美しい写真で楽しめる特別展「138億光年 宇宙の旅」(神戸新聞社など主催)が、兵庫県明石市立文化博物館(上ノ丸2)で開催されている。何億光年ものかなたをとらえた神秘的な写真など125点が並ぶ。(吉本晃司)

 同館が市立天文科学館などと連携する市制施行100周年記念事業。

 月面着陸のアポロ計画やスペースシャトル、国際宇宙ステーションなどで宇宙開発をリードしてきた米航空宇宙局(NASA)の画像を中心に、月探査機がとらえた「地球の出」、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した変形する銀河などを紹介している。

 赤外線撮影などを合成した星雲の豊かな色彩は宇宙の多様性を感じさせる。人類が初めて月に残した足跡の写真も床面に展示している。

 20日の開会式では、森本理館長が「深遠な宇宙の姿から無限のエネルギーを感じ、夢を語ってほしい」とあいさつした。

 2月2日まで。12月29日~1月3日は休館。午前9時半~午後6時半。大人900円、大高生700円、中学生以下無料。同館TEL078・918・5400

■天体観測や絵本読み聞かせ… 関連イベント多数予定

 冬季特別展「138億光年 宇宙の旅」開催に合わせ、市立文化博物館は会期中にさまざまな関連イベントを予定している。

 22日は「星の絵本読み聞かせの会」があり、あかし市民図書館の職員が子どもに読み聞かせをする。午前11時と午後2時の2回、いずれも30分程度。各回定員50人。当日自由参加。

 1月12日はトートバッグに自由に宇宙を描くワークショップがある。小学5年~中学3年が対象。定員20人。材料費500円。12月27日までに申し込む。

 1月18日はプレアデス星団(すばる)など冬の天体を望遠鏡で観望。天文科学館の学芸員が解説する。午後6時から。定員30人。1月4日までに申し込む。

 1月25日は天文科学館の井上毅館長が、展示している天体写真を解説するギャラリートークがある。午後2時から約1時間。

 いずれも観覧料が必要。申し込みが必要なイベントは往復はがきに所定の事項を記入し、同博物館へ。同館TEL078・918・5400

INFORMATION

イベント名
138億光年 宇宙の旅
開催期間
2019年12月21日~2020年02月02日
開催時間
午前9時半~午後6時半
開催場所
明石市立文化博物館
住所明石市上ノ丸2
アクセス
JR・山陽明石駅より北へ徒歩5分
料金
大人900円、大高生700円、中学生以下無料
電話番号
TEL078・918・5400
URL
https://www.akashibunpaku.com/catExhibit/138.html
備考
12月29日~1月3日は休館

地図を見る

更新日:2020/01/19

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ