Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

アニメ化30周年記念「ちびまる子ちゃん展」

ツイート facebook シェア Google Plus

2020年02月07日~2020年03月02日

その他|美術館「えき」KYOTO

  • さくらももこさんのアトリエに飾られていた直筆の「額入り絵」

  • 「『春の巴川の一日』の巻 セル画・背景」(1999年)=いずれも(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

  • まる子の祖父・友蔵の「心の俳句」のコーナー

  • セル画などが並ぶ「ちびまる子ちゃん展」=美術館「えき」KYOTO

  • セル画などが並ぶ「ちびまる子ちゃん展」=美術館「えき」KYOTO

セル画や絵コンテ、映像など350点

 国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の放映開始30周年を記念した展覧会が、京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開催中だ。さくらももこさん(1965~2018年)の漫画が原作で、主人公や家族らの日常をユーモラスに描く。本展ではセル画や絵コンテ、映像など約350点でほんわかとした世界観を紹介する。

 小学3年生のヒロイン「まる子」は原作者の幼少期がモデル。1986年、少女漫画雑誌で連載がスタートし、90年にアニメ放送が開始された。エンディング曲「おどるポンポコリン」はミリオンセールスを記録し、日本レコード大賞も受賞した。また、4こま漫画は「神戸新聞」でも連載された。

 描かれるのは、ひょうきんでお調子者のごく平凡な少女の目で、ちょっとクールに捉えた世の中だ。とぼけた祖父友蔵やマイペースの父ヒロシ、タマネギ頭の同級生永沢君や大金持ちの花輪クンら個性的なキャラクターも魅力だ。

 多数のセル画やスケッチ画などで、親子2代で愛されてきたアニメ制作の裏側も紹介。さらに、さくらさん直筆の脚本やキャラクター設定資料、身近に置いたイラストなども公開し、アニメへの思いや日々の暮らしにも迫る。

 3月2日まで。会期中無休。一般900円ほか。同館TEL075・352・1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

(堀井正純)

INFORMATION

イベント名
アニメ化30周年記念「ちびまる子ちゃん展」
開催期間
2020年02月07日~2020年03月02日
開催時間
午前10時~午後8時 ※会期中無休
開催場所
美術館「えき」KYOTO
住所その他京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
アクセス
JR京都駅ビル内
料金
一般900円、高大生700円、小中生500円
電話番号
075・352・1111(ジェイアール京都伊勢丹7階大代表)
URL
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/index.html

地図を見る

更新日:2020/02/18

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ