Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

「宝塚の祝祭Ⅰ」宝塚市立文化芸術センター

ツイート facebook シェア Google Plus

2020年06月01日~2020年10月18日

宝塚市|宝塚市立文化芸術センター

  • 単なるホワイトキューブとは一味違うカラフルな展示空間

  • 鏡を用いたユニークな展示は中辻悦子作品

  • 松井桂三のデジタルアート作品は1Fキューブホールに展示(提供:宝塚市立文化芸術センター)

  • 館内では「場所の記憶」と題した映像も上映

  • 庭園の向こうには手塚治虫記念館が

ファミリーランド跡地に生まれたアートの拠点

 大勢の人々の思い出がいっぱい詰まった宝塚ファミリーランド跡地。そこに誕生したのが、新しいアートの拠点・宝塚市立文化芸術センター(Takarazuka Arts Center)です。
 本当は4月19日オープンのはずがコロナ禍の影響で延び延びとなり、ようやく6月1日に開館を迎えることができました。
 しかし、3密対策のため当面は限定オープン。入場は事前申し込み制で、6月中は1回10名ずつの入替制(時間制限1時間15分)となっています。
 本当なら華々しく開館を迎えるはずがとっても残念。と言うべきところなのですが、意外や意外、これが実にいい感じなのです。
 何しろ、1回に10人しか観客が入らないので、館内はほぼ貸し切り状態。のんびりゆったり、アートとともに時間を過ごすにはもってこい。とっても贅沢な気分です。
 そのうえ、年会費2000円を支払ってパートナー会員になれば、主催事業には何度でも入館自由だと言いますから、日常使いのアートセンターとして存分に使い倒したいですよね。
 第1回の企画展は「宝塚の祝祭Ⅰ」。
 紹介されているのは、いずれも世界的に活躍する宝塚ゆかりのアーティスト。元永定正(現代美術)、辻司(画家)、中辻悦子(現代美術)、小清水漸(彫刻家)、松井桂三(デザイナー)、宮本佳明(建築家)の6名です。
 意外に知らなかったけれども、身近なところに世界的なアーティストがたくさんいるんだなぁ。そんなことを感じて、宝塚のまちを見つめ直すきっかけになるかもしれませんね。

INFORMATION

イベント名
「宝塚の祝祭Ⅰ」宝塚市立文化芸術センター
開催期間
2020年06月01日~2020年10月18日
開催時間
10時~18時
開催場所
宝塚市立文化芸術センター
住所宝塚市武庫川町7-64
アクセス
阪急「宝塚南口」駅から徒歩7分、JR・阪急「宝塚」駅から徒歩13分
料金
1,000円
電話番号
宝塚市立文化芸術センター TEL 0797-62-6800
URL
https://takarazuka-arts-center.jp
備考

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ