Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

「宮川彬良とアンサンブル・ベガ」演奏会

ツイート facebook シェア Google Plus

2020年07月13日

宝塚市|宝塚ベガ・ホール

  • 「宮川彬良とアンサンブル・ベガ」のメンバー((C)T.Tairadate)

  • 宮川彬良さん((C)T.Tairadate)

“こんな時でも、いつものコンサート”

 新型コロナウイルスの影響で公演中止などが続く宝塚ベガ・ホール(兵庫県宝塚市)で7月13日、同ホールを拠点にする楽団「宮川彬良(あきら)とアンサンブル・ベガ」が演奏会を開催する。「新しい生活様式」で演奏者同士が距離を取るなど、全国的に演奏会のあり方が試行錯誤される中、演奏者やホール関係者などが抗体検査を行った上で、いつもの距離間で行う“緊急公演”。題して「こんな時でも、いつものコンサート」。鑑賞無料で市民らに生演奏を届ける。(大盛周平)

 「-アンサンブル・ベガ」は1998年、阪神・淡路大震災で沈む市民らに笑顔を取り戻してもらおうと、作曲家の宮川彬良さんが音楽監督に就き、関西ゆかりのトップ演奏家が集まって計9人で結成された。全国各地で演奏活動を行いつつ、同ホールでは21回の演奏会を開催してきた。

 一方、同ホールは、音楽専用として1980年に開館し、現在は公益財団法人宝塚市文化財団が運営。今年は開館40周年を迎え、その一環で「-アンサンブル・ベガ」も10月18日に記念コンサートを予定していた。しかし、新型コロナの影響で来年度に延期に。同館自体も5月末まで臨時休館し、主催公演は8月分まで中止、延期となった。

 そんな中、楽団側が「生演奏を聴いてもらう機会をつくりたい」と同財団に演奏会を提案。本来は予定のなかった7月13日に実現することになり、ノーギャラで臨むという。

 加えて、出演者と、ホールスタッフや調律師ら裏方計約20人が公演前日に抗体検査を受けることで、舞台の上では通常通りの演奏を行うことにした。演奏者の間の距離を空けるなどしているコンサートの現状に、「せめてステージ上は正常な形で演奏し、質を保って音楽を提供したかった」と、メンバーで元大阪フィルハーモニー交響楽団のコントラバス・トップ奏者、新(あたらし)眞二さん(63)。「ホールも一緒にチャレンジしてくれるのは全国的にも画期的。コンサートのあり方に一石を投じたい」と話す。

 公演は各1時間程度で、午後3時からと午後7時からの2回。客席は定員372人の半数以下となる150人の入場にとどめる。「私たちもお客さんも生の音楽に飢えている。できるだけ曲数を多くしたい」と新さん。

INFORMATION

イベント名
「宮川彬良とアンサンブル・ベガ」演奏会
開催期間
2020年07月13日~2020年07月13日
開催時間
午後3時、午後7時
開催場所
宝塚ベガ・ホール
住所宝塚市清荒神1
料金
無料
電話番号
同ホール 0797・84・6192
URL
https://takarazuka-c.jp/event/evege2020.html
備考
※要申し込み、27日~7月5日に往復はがきか同財団のホームページから申し込む。人数が多い場合は抽選。

地図を見る

更新日:2020/06/26

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ