Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

日本リアリズム写真集団 阪神支部 写真展

ツイート facebook シェア Google Plus

2020年09月22日~2020年09月27日

西宮市|西宮市立北口ギャラリー

  • 会場には、新型コロナ流行前後の黒門市場を撮影した作品なども並ぶ=西宮市北口町

独自の視点で撮影80点

 プロやアマチュアの写真家でつくる「日本リアリズム写真集団」の阪神支部による写真展が、兵庫県西宮市北口町のアクタ東館にある市立北口ギャラリーで開かれている。中国に残された日本人や阪神・淡路大震災の爪痕など独自の視点で撮影された計約80点が展示されている。

 毎年秋に開催しており、今年で16回目を迎える。阪神間や神戸、淡路島に住む同支部の会員8人が、それぞれ1~3テーマで作品をカメラに収めた。

 「樹難(じゅなん)」と題した作品は、鉄の支点が打ち込まれた六甲山の樹木や、電気コードが巻き付けられた大阪の街路樹を印象的に表現。人工物でゆがめられた自然のあり方に疑問を投げ掛ける。

 また、旧満州(中国東北部)に残る日本人の足跡を調べている同支部メンバーの男性(73)=尼崎市=は、開拓団だった日本人の親を持つ女性のポートレートや中国での暮らしぶりを紹介する。

 阪神・淡路大震災で被害を受けた神戸市長田区の空き家などを捉えたモノクロ写真もある。来場した主婦(68)=同=は「静かな写真だけど力強さがある。震災はまだ終わってないと感じる」と話していた。

 27日まで。午前10時~午後6時半(最終日は同5時まで)。無料。

(風斗雅博)

INFORMATION

イベント名
日本リアリズム写真集団 阪神支部 写真展
開催期間
2020年09月22日~2020年09月27日
開催時間
午前10時~午後6時半(最終日は同5時まで)
開催場所
西宮市立北口ギャラリー
住所西宮市北口町
料金
無料
URL
https://www.nishi.or.jp/access/hall/kitaguchigallery.html

地図を見る

更新日:2020/09/26

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ