Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

たのしい時計展

ツイート facebook シェア Google Plus

2021年05月29日~2021年07月11日

明石市|明石市立天文科学館

  • 腕時計や懐中時計など約40点が展示されている特別展=明石市人丸町

標準時制定135年記念 珍しい時計や修理道具紹介

 日本標準時の制定から今年7月で135年となるのを記念し、明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)で特別展「たのしい時計展」が開かれている。時計に触れ、時に思いを巡らすきっかけにしてもらおうと、タイプや製造年がさまざまな国内外の時計約40点を展示している。

 1884(明治17)年、世界中の経度と時刻の基点となる本初子午線がイギリスのグリニッジ天文台を通る子午線に決定。日本では86年7月13日、明石市を通る東経135度を標準時の基準となる日本標準時子午線に制定した。

 今回の特別展は、時計の修理技術などを教える専門学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪」(大阪市)の講師3人が協力。それぞれの収集品から、憧れのブランド品や、およそ100年前に製造された懐中時計などを並べた。

 同カレッジの卒業生が設計から製造までを手掛けた世界に一つだけの腕時計も出展。文字盤に江戸切子の装飾を施したり、月日(がっぴ)や曜日までが一目で分かったりと、美しさや物珍しさが目を引く。

 時計の修理で必要な専用のピンセットやドライバー、「キズミ」と呼ばれるルーペなど職人の道具も紹介。同館は「めったに見られない時計も多いので、細部までじっくり見て楽しんでほしい」としている。

 7月11日まで。入館料700円(高校生以下無料)。同館TEL078・919・5000

(川崎恵莉子)

INFORMATION

イベント名
たのしい時計展
開催期間
2021年05月29日~2021年07月11日
開催場所
明石市立天文科学館
住所明石市人丸町
料金
入館料700円(高校生以下無料)
電話番号
078・919・5000
URL
https://www.am12.jp/

地図を見る

更新日:2021/06/04

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ