Loading...

TOP > イベントを探す > イベント情報
EVENT

特別展「地中からみたかみごおりの歴史」

ツイート facebook シェア Google Plus

2021年10月16日~2021年12月05日

上郡町|上郡町郷土資料館

  • 野磨駅家跡で発見された軒丸瓦=上郡町郷土資料館

  • 山野里宿遺跡で発見された出土品=上郡町郷土資料館

「珍品中の珍品」も

 兵庫県上郡町の遺跡を平成期の発掘成果から紹介する特別展「地中からみたかみごおりの歴史」(神戸新聞社など後援)が16日、町郷土資料館(同町上郡)で始まった。主要な25カ所で出土したつぼや大皿など古代から江戸時代にかけての約450点を展示し、研究の最前線を伝える。12月5日まで。(地道優樹)

 上郡町落地(おろち)の国指定史跡「山陽道野磨駅家跡(やまのうまやあと)」の発見から30周年を記念して企画。同駅家は奈良-平安時代に古代山陽道を行き来した役人や外国賓客の滞在拠点で、清少納言の「枕草子」にも登場することで知られる。

 レンゲの花模様をかたどった軒丸瓦や白土の残る壁跡が出土品として並ぶ。亀の形を模したすずり「亀形硯(かめがたけん)」は全国でも十数例しか出土がなく、学芸員の島田拓(ひろし)さん(45)は「珍品中の珍品」と評価する。

 中世に勢力を伸ばした赤松氏ゆかりの遺跡も紹介。千種川流域で発見された集落跡「山野里宿遺跡(やまのさとしゅくいせき)」(同町山野里)では備前焼や漆器、中国製の白磁、青磁などが大量に出土。船着き場の遺構も見つかり、島田さんは「赤松氏の経済基盤を支える交易拠点があったのではないか」と推測する。

 無料。午前9時~午後4時半。月曜休館。同資料館TEL0791・52・3737

INFORMATION

イベント名
特別展「地中からみたかみごおりの歴史」
開催期間
2021年10月16日~2021年12月05日
開催時間
午前9時~午後4時半。月曜休館
開催場所
上郡町郷土資料館
住所上郡町上郡
料金
無料
電話番号
0791・52・3737
URL
https://kamigori-town-museum.jp/

地図を見る

更新日:2021/10/17

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ