Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

初めての東京 気ままにひとり歩き【5】

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年03月16日

 梅が見ごろを迎えた2月半ば、参拝客で混み合う湯島天満宮から、近くの旧岩崎邸庭園、JR御徒町駅の高架下の新しいものづくりの街へと、湯島周辺を巡った。

大繁盛の湯島天満宮(文京区湯島周辺)


湯島天満宮の合格祈願絵馬

湯島天満宮の合格祈願絵馬

 境内に一歩足を踏み入れると、合格祈願の絵馬が鈴なりになっていた。「大学受験がうまくいきますように」「絶対、国立大学合格」-。いったいどのぐらいの数があるのだろう。さすが菅原道真公を祀る日本有数の学問の神様、湯島天満宮(湯島天神、文京区湯島3丁目30)である。
 地下鉄千代田線湯島駅から坂道を上っていくと、すぐに入り口の階段がある。
創建は458年とされ、江戸時代には多くの文人、学者が訪れたという。泉鏡花の小説「婦系図(おんなけいず)」が原作の演劇の舞台としても知られ、鏡花の筆塚もある。
境内には白梅を中心に約300本が咲き誇り、とくに見上げるほどの高さから濃いピンクの花が傘のように連なる枝垂れ梅には、見とれてしまった。ちょうど「梅まつり」の期間中で、受験シーズンでもあり、甘酒やたこ焼きなどの露店が並び、本殿の前にも参拝者の長い行列ができていた。あちこちに大量の絵馬がつるされ、その前で手を合わせる家族連れの姿も。10年以上も前に娘の受験で神戸の須磨の天神さんに願掛けしたことを思いだす。
 ぐるっと境内を巡り、別の門から出ると、そこには2つの階段が。急な方が「男坂」、なだらかな方が「女坂」と呼ばれる。女坂の脇も梅園になっていて、横目に見ながら降りていく。


華麗なる財閥の豪邸


旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園

 湯島天満宮を出て、不忍池を見ながら不忍通を西に入ると、大きな門が見えてくる。門をくぐり、広々とした緩やかな坂を上っていくと、瀟洒(しょうしゃ)な洋館が現れた。国の重要文化財、旧岩崎邸庭園(台東区池之端1丁目3)だ。
 1896(明治29)年、三菱財閥の創始者岩崎彌太郎の長男で、3代目社長の久彌の本邸として建てられた。かつては約1万5千坪の敷地に20棟の建物があったという。戦後、GHQに接収された後に、国有となり、一時は最高裁判所司法研修所などとして使用された。
 現在は敷地が約3分の1となり、洋館、和館、撞球(ビリヤード)室の3棟が残る。洋館は木造2階建てで、有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドルの設計。棟続きの書院造りの和館は当時の名棟梁が手掛けた。別棟の撞球室は洋館から地下道でつながっているという。
 館内は有料で見学でき、この日も大勢の見学者がいた。1階は大広間などがあり、2階には客室が数室並ぶ。客室の金唐革紙といわれる草花などをデザインした壁紙は、男性用、女性用で色も模様も違う。贅(ぜい)を尽くした建物と広大な芝生の庭に、往時の華やかな財閥の暮らしぶりがうかがえる。
 坂の上のお屋敷を下り湯島駅に向かう途中、坂の下はラブホテル街になっていた。夢の世界から現実に引き戻されたような気分になりながら、駅前の和菓子店「つる瀬」で、抹茶と手づくりの和菓子でひと息つく。1930年の創業で、昔ながらの味を守り続ける豆大福が人気だ。


職人の技が集まるものづくり街


2k540の入り口

2k540の入り口

 湯島駅から春日通を東に向かい、JR御徒町駅へ。駅前に立つのは老舗百貨店の松坂屋。江戸時代からここで営業しており、本館は昭和初期の建築だ。円形の階数表示板のあるエレベーターや大理石の階段に昔の面影を残す。
 駅前から上野方面にはにぎやかなアメ横商店街が続く。一方、秋葉原方面にはJRの高架下にものづくり街ができていると知り、迷わずそっちへ。
 「2k540 AKI-OKA ARTISAN(アルチザン)」(台東区上野5丁目9)。名前を聞いても分からないが、「2k540」は東京駅からの距離を表し、「秋葉原と御徒町の間にある職人の街」の意味。かつて御徒町周辺は職人の街として知られ、皮革や宝飾品業界が残っていることから、2010年、職人やクリエーターの工房兼ショップを集めたものづくりの街としてオープンした。
 高架下に白い円柱が連なり、中央通路の両側に白を基調にしたモダンな店舗約50軒が並ぶ。手作りの万華鏡の専門店があると思えば、透明なアクリル樹脂を加工したコースターやミニチュア動物などの樹脂製品の専門店がある。北海道・旭川の木製品や山形県の職人がつくる帆布製品、広島の純国産スニーカーの店も。各地から集まった職人の技が光る製品は、見て回るだけで楽しい。ふらっと入った陶器店は、地元神戸・有馬に窯を構える陶芸家の出品と分かり、嬉しくなった。
 次回は、日本の魚河岸発祥の地で古くから商業で栄え、江戸時代の旧街道の起点でもある日本橋界隈を訪ねる。(東京支社・村上早百合)


【地図】今回歩いたのは…


神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT



明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ