Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

今年の見頃は早め♪サクラ、見に行こう

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年03月19日

 県内各地でサクラの開花が間近に迫りました。3月に入ってからのポカポカ陽気で花芽が順調に成長し、平年よりかなり早く咲き始めるようで、見頃は3月下旬から4月上旬になりそうです。県内の見どころを案内しましょう。(片岡達美)

竹田城跡(朝来市)


竹田城跡を彩るサクラ(朝来市提供)

竹田城跡を彩るサクラ(朝来市提供)

 「天空の城」で知られる名所には、ソメイヨシノやヤマザクラなど城跡の計36本が、例年4月10日前後に満開を迎える。但馬の山並みを背景にピンクの花びらが映える。今年はその魅力をさらに高めようと、初めて夜桜のライトアップを実施。4月3日から15日までは、観覧時間も延長し、午後8時まで登城できる。
 また城跡の東向かいにある「立雲峡」は朝来山の中腹にあり、「但馬吉野」とも称される山陰地方随一の桜の名所。ソメイヨシノ、ヤマザクラ2千~3千本が4月上旬から中旬にかけて見頃を迎える。24時間、出入りできる。
■メモ
【開催日】城跡の夜桜ライトアップは4月3~15日
【営業時間】通常8~17時半、ライトアップ期間は20時まで
【所在地】朝来市和田山町竹田
【料金】城跡は高校生以上500円、中学生以下無料▽立雲峡は環境整備協力金として200円、高校生以下は無料
【アクセス】JR播但線「竹田」駅から天空バス「竹田城跡」下車、徒歩約20分
【問い合わせ】情報館「天空の城」TEL079・674・2120


明石公園(明石市)


多くの花見客でにぎわった明石公園(2017年4月8日)

多くの花見客でにぎわった明石公園(2017年4月8日)

 3月下旬から4月上旬にかけて約1000本のソメイヨシノが咲き、「日本さくら名所100選」に選ばれている。
 4月1日~8日には「さくらまつり」を開催。1、7、8日に明石城巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)を同時公開するほか、7日午前11時からは邦楽の演奏会(とき打ち太鼓ステージ)、同午後1時から西芝生広場で明石のご当地アイドル「YENA☆」のライブも。8日午前10時~午後3時には本丸跡で鎧の試着・撮影会など、多数のイベントが行われる。
■メモ
【開催日】3月下旬~4月上旬
【所在地】明石市明石公園
【会場】明石公園
【アクセス】JR、山陽明石駅から北へ徒歩約5分
【料金】無料
【問い合わせ】明石公園TEL078・912・7600


匠台公園(小野市)


なだらかな丘にソメイヨシノ約220本が連なる=小野市匠台(撮影・笠原次郎)

なだらかな丘にソメイヨシノ約220本が連なる=小野市匠台(撮影・笠原次郎)

 小野市匠台公園にあるドーム屋根の体育館「おのアクト」を頂点に広がる丘陵地で、約220本のソメイヨシノが咲き誇る。芝生広場もあり、弁当を広げての花見には最適。例年、4月初旬まで楽しめる。
■メモ
【開催日】3月下旬~4月上旬
【所在地】小野市匠台
【会場】小野市匠台公園
【アクセス】神鉄粟生線「樫山」または「大村」駅から徒歩約15分。無料の駐車場は100台。
【問い合わせ】おのアクトTEL0794・62・0001


桜華園(神河町)


ヤエベニシダレやオカモトザクラなどの桜の下で、琴やダンスが披露されたまつり会場=2016年4月9日、神河町東柏尾

ヤエベニシダレやオカモトザクラなどの桜の下で、琴やダンスが披露されたまつり会場=2016年4月9日、神河町東柏尾

 神河町・大嶽山のふもと約15ヘクタールに240種、約3000本の桜が植えられている。3月下旬から5月の連休の頃まで順次、開花し、長く楽しめる。
 4月7、8日には恒例の「さくらまつり」を開催。特設ステージでの音楽演奏、ダンスのほか、和太鼓や獅子舞が披露される。町特産のユズを使ったサイダーなども販売する。
■メモ
【開催日】3月21日~5月6日まで
【営業時間】9時半~16時
【所在地】神河町東柏尾
【料金】中学生以上300円、小学生100円
【アクセス】JR播但線「寺前駅」、「新野駅」から同町コミュニティバスで「桜華園」下車
【問い合わせ】同園管理事務所TEL0790・32・2299


樽見の大桜(養父市)


見ごろを迎えた樽見の大桜。周辺では大桜の実から育てた「子桜」も開花している=養父市大屋町樽見

見ごろを迎えた樽見の大桜。周辺では大桜の実から育てた「子桜」も開花している=養父市大屋町樽見

 国の天然記念物に指定され、樹齢1000年とも言われる「樽見の大桜」。高さ約14メートル、幹周り約6・3メートルで、県内最大のエドヒガンザクラとされ、地元では「仙桜」と呼ばれて親しまれる。周辺には旧口大屋小学校の児童が植樹したサクラが生育し、「子桜」として花を咲かせている。
 4月中旬まで、近隣の駐車場で地元特産品やサクラの苗木の販売が行われる。
■メモ
【開催日】4月中旬まで
【所在地】養父市大屋町樽見
【会場】樽見の大桜
【アクセス】JR八鹿駅から全但バス大屋方面行き「中村下」で下車、徒歩約60分
【料金】無料
【問い合わせ】やぶ市観光協会TEL079・663・1515

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ