Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

今年のお花見どこに行く?兵庫の桜2019

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年03月18日

 さまざまの事おもひ出す桜かな(芭蕉)-。古来日本人が愛し、さまざまな思いを寄せてきた桜。春を彩るソメイヨシノやシダレザクラの見ごろは、今年は3月下旬から4月上旬となりそうだ。城跡や山里、河川敷、公園…。満開の花の下、花見酒に酔うもよし、夜桜や散りゆく姿をめでるもよし。県内各地の見どころを案内する。(津谷治英、堀井正純)  ※開花状況、イベント、ライトアップの日程などは天候により変更されることがありますので、電話などで確認のうえ、お出掛けください。(いずれも写真は昨年)

夙川(西宮市)


見ごろを迎えたサクラ。川沿いには大勢の花見客が訪れた=西宮市北名次町、夙川公園(撮影・風斗雅博)

見ごろを迎えたサクラ。川沿いには大勢の花見客が訪れた=西宮市北名次町、夙川公園(撮影・風斗雅博)

 「夙川河川敷緑地」と呼ばれる区域を中心に、夙川の両岸南北約3キロでソメイヨシノなど約1700本が花を付ける。
「日本さくら名所100選」の一つ。4月7日には、夙川、苦楽園口、満池谷の市内3カ所で恒例の「西宮さくら祭」がある。茶会やコンサートなど、多彩なイベントが開かれる。
■メモ
【開催日】3月下旬から4月上旬
【開催時間】24時間
【所在地】西宮市
【会場】夙川両岸
【アクセス】阪急夙川駅、同苦楽園口駅、阪神香櫨園駅、JRさくら夙川駅の各駅から下車すぐ
【料金】無料
【問い合わせ】西宮観光協会TEL0798・35・3321


姫路城(姫路市)


青くライトアップされた姫路城と競演する満開のシダレザクラ=姫路市本町

青くライトアップされた姫路城と競演する満開のシダレザクラ=姫路市本町

 世界文化遺産・国宝姫路城は「日本さくら名所100選」。城内のソメイヨシノをはじめ西の丸庭園にはシダレザクラやヤマザクラ計1000本が咲く。
 4月3~7日午後6~9時は夜の西の丸庭園を無料開放する「夜桜会」。庭園内の約80本をライトアップ。約100個のLED電球を使って、昼間の太陽光に似せた自然な色調のエリアと、色合いが数秒ごとに変化する薄暗いエリアを設ける予定。
 6日午前10時~午後4時は三の丸広場で観桜会があり邦楽などのコンサート、お茶席もある(雨天時は7日に順延)。
■メモ
【開催日】3月下旬から4月上旬
【開催時間】城の見学は9~16時、三の丸広場は夜も無料開放
【所在地】姫路市本町
【会場】姫路城
【アクセス】JR、山電「姫路」駅から徒歩15分
【料金】入城料1000円、小学生~高校生300円
【問い合わせ】姫路城管理事務所TEL079・285・1146、観桜会は姫路城イベント実行委事務局TEL079・240・6023


竹田城跡(朝来市)


「天空の城」と呼ばれる竹田城=朝来市和田山町竹田

「天空の城」と呼ばれる竹田城=朝来市和田山町竹田

 「虎臥城」の異名をとる但馬の山城・竹田城は、近年、「天空の城」として全国区の人気に。標高353メートルの山頂に位置し、虎が伏せたように見える石垣が特徴。晩秋の「雲海」で有名だが、春にはソメイヨシノなどが織りなす薄紅の“花の雲”で彩られる。
 昨年からライトアップによる夜桜観賞を始め、4月3~15日は午後9時まで観覧可能(最終登城は午後7時半)。
 城跡から東に約2キロ離れた渓谷「立雲峡」からの遠望も人気だ。立雲峡一帯も「但馬吉野」と称される桜の名所で、ソメイヨシノ、ヤマザクラ2千~3千本が、4月上旬から中旬にかけ咲き誇る。こちらは24時間出入り自由。
■メモ
【開催日】3月下旬から4月上旬
【開催時間】。竹田城跡の観覧は8時~18時(最終登城17時半)、ライトアップ期間は3時間延長
【所在地】朝来市和田山町竹田
【会場】竹田城跡
【アクセス】 竹田城跡へはJR播但線「竹田」駅から天空バス「竹田城跡」下車、徒歩約20分。立雲峡へは麓の駐車場から徒歩約40分
【料金】竹田城跡は高校生以上500円、中学生以下無料。立雲峡は環境整備協力金として200円、高校生以下は無料。
【問い合わせ】情報館「天空の城」TEL079・674・2120


樽見の大桜(養父市)


樹齢千年ともされる「樽見の大桜」=養父市大屋町樽見

樹齢千年ともされる「樽見の大桜」=養父市大屋町樽見

 国の天然記念物「樽見の大桜」は、高さ13・8メートル、幹回り6・3メートル。樹齢千年ともいわれる県内最大のエドヒガンザクラで、江戸時代には出石藩主が観賞した記録も残る。
 一時は枯死寸前までになったが、樹木医らの治療で、近年は樹勢が回復している。開花は例年4月上旬~中旬。4月中旬まで、近隣の駐車場で、地元特産品やサクラの苗木を販売する。
■メモ
【開催日】4月上旬~中旬
【開催時間】24時間
【所在地】養父市大屋町樽見
【会場】樽見の大桜
【アクセス】JR「八鹿」駅から全但バス明延方面行き「中村下」で下車、徒歩約60分
【料金】無料
【問い合わせ】やぶ市観光協会TEL079・663・1515


篠山城跡(篠山市)


石垣から滝が流れるように咲き誇るソメイヨシノ=篠山市北新町、篠山城跡(ドローンで撮影した3枚を合成)

石垣から滝が流れるように咲き誇るソメイヨシノ=篠山市北新町、篠山城跡(ドローンで撮影した3枚を合成)

 篠山城は江戸初期、徳川家康の命で、西国の諸大名が動員され築かれた。天守は元々なく、城跡では、戦前に焼失し2000年に復元された大書院が往時の栄華を伝える。
 石工集団「穴太衆」の手になる堅固な石垣が残り、約800本のソメイヨシノが辺りを春色に染め上げる。
 夜桜見物のため、4月14日までぼんぼりを点灯予定。4月6、7日午前10時~午後4時には、三の丸広場周辺で「丹波篠山さくらまつり」が催される。「丹波焼陶器市」「銘木変木市」を同時開催する。
■メモ
【開催日】3月下旬から4月上旬
【開催時間】24時間(一部、夜間閉門するエリアあり)
【所在地】篠山市北新町
【会場】篠山城跡
【アクセス】JR篠山口駅から神姫グリーンバスで二階町バス停下車、徒歩5分
【料金】無料
【問い合わせ】丹波篠山さくらまつり実行委員会TEL079・552・3380