Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

深まる秋、山よそおう 兵庫の紅葉

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年11月07日

 錦秋-。木々の葉が鮮やかに森や山を染める季節が巡ってきた。〈大紅葉燃え上らんとしつゝあり〉。俳人・高浜虚子はそんなふうに深まる秋を切り取った。燃え立つような赤や朱、オレンジ、黄色。カエデやイチョウ、ツタが魔法のように色を変える。自然豊かな兵庫には、紅葉スポットの山や渓谷などが各地に。風情ある寺社や公園を紹介する。(堀井正純)

まるで額縁の中の「名画」 安国寺(豊岡市但東町)


一幅の絵のようなドウダンツツジと本堂=安国寺

一幅の絵のようなドウダンツツジと本堂=安国寺

 「絶景かな、絶景かな!」。思わず口にしそうになる。禅寺の本堂裏のドウダンツツジは燃えさかる「赤」。堂内の畳も朱に染まるかのようだ。
 建具を開け放った本堂越しの眺めは、まさに額縁の中の「名画」。大きく枝を広げた木は、樹齢160年以上とか。木が自らのエネルギーを色で表現しようとしているのか? 「命の色」の鮮烈さに心打たれる。
 一般公開は7~20日。拝観料300円(中学生以下無料)。舞鶴若狭自動車道福知山ICから車で約40分。但東シルクロード観光協会TEL0796・54・0500


ライトアップで幻想的に 書写山円教寺(姫路市書写)


ライトアップされた摩尼殿周辺のイチョウやカエデ=書写山円教寺(写真は2018年撮影)

ライトアップされた摩尼殿周辺のイチョウやカエデ=書写山円教寺(写真は2018年撮影)

 「西の比叡山」とも呼ばれる播磨の名刹(めいさつ)は、平安時代に創建された山岳寺院。千年を超える歴史を誇り、標高約360メートルの山上に、大講堂、摩尼(まに)殿、金剛堂などの風格ある建物が点在する。近年は、ハリウッド大作「ラストサムライ」など、映画やドラマのロケ地としても有名だ。
 15~17日には日没後、午後8時までライトアップ。山中の深い闇に、紅葉と寺院建築とが幻想的に浮かび上がる。
 山上へはロープウェイで。入山志納金500円。山陽自動車道姫路西ICから車で約15分。同寺TEL079・266・3327


秀吉が愛した華麗な眺め 瑞宝寺公園(神戸市北区有馬町)


色づく紅葉の下の野だて。「有馬大茶会」の会場になる年もある=瑞宝寺公園(写真は2018年撮影)

色づく紅葉の下の野だて。「有馬大茶会」の会場になる年もある=瑞宝寺公園(写真は2018年撮影)

 太閤(たいこう)・秀吉が愛した名湯・有馬温泉は、紅葉の華麗さでも名高い。深紅の木々の下をそぞろ歩き、のんびりと湯につかるのもまた風流だ。
 廃寺となった瑞宝寺跡に設けられた公園を彩るのは約600本のカエデやモミジ。同寺の境内はかつて「錦繍(きんしゅう)谷」「日暮(ひぐらし)の庭」とも呼ばれた。名の由来は、時のたつのも忘れるほどの美しさに、秀吉がいくら眺めても見飽きないと称賛したからとか。
 12月1日まで期間限定の「もみじ茶屋」(雨天中止)で、おでんや抹茶、甘酒を味わえる。入園無料。神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩約20分。有馬温泉観光案内所TEL078・904・0708


兵庫県内の紅葉スポット


◆神戸市立須磨離宮公園(神戸市須磨区) 同園の前身は皇室の別荘「武庫離宮」。園内にはイロハモミジなど約600本。16日~12月1日にはライトアップを実施。11月24日に茶会を催す。木曜休園。21、28日は臨時開園。入園料は15歳以上(中学生を除く)400円ほか。山陽電鉄月見山駅・東須磨駅・須磨寺駅から徒歩約10分。同園TEL078・732・6688
◆神戸市立森林植物園(神戸市北区) 12月1日まで、「森林もみじ散策」を開催。イロハモミジのほか、高くそびえるメタセコイア並木やカラマツの紅葉も目を引く。長谷池に映る紅葉も美しい。会期中無休。入園料は15歳以上(中学生を除く)300円ほか。神戸電鉄北鈴蘭台駅から無料送迎バスで約10分。同園TEL078・591・0253
◆武田尾温泉(宝塚市) 秋化粧した武庫川渓谷沿いを散策し、料理や温泉を楽しむ行楽客も。露天風呂から紅葉を観賞できる宿もある。JRの廃線跡をたどり目指すハイカーも。JR武田尾駅からすぐ。宝塚市国際観光協会TEL0797・77・9120
◆播州清水寺(加東市) 西国三十三所第25番札所の古寺。標高550メートルの山頂近くにある境内があでやかに色づく。9~24日にライトアップも。期間中の週末には「千灯会(せんとうえ)」も催す。入山料500円。JR相野駅からバス「清水寺」下車。同寺TEL0795・45・0025
◆龍野公園紅葉谷(たつの市) 城下町に近い、鶏籠山のふもとの園内や周辺には、聚遠亭(しゅうえんてい)や龍野神社などの史跡が点在。歴史と自然を満喫できる。入園無料。JR本竜野駅から徒歩約25分。たつの市観光振興課TEL0791・64・3156
◆天滝(養父市) 「日本の滝100選」にも選ばれた県内随一の名瀑(めいばく)=落差98メートル=と紅葉の競演が楽しめる。北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから車で約35分。やぶ市観光案内所TEL079・663・1515
◆高源寺(丹波市) 県内屈指の紅葉の名所で、円通寺、石龕寺(せきがんじ)とともに「丹波紅葉三山」と呼ばれる。天目カエデなどが境内を染め、参道の“紅葉のトンネル”も壮観。北近畿豊岡自動車道青垣ICから車で約15分。拝観料は高校生以上300円ほか。同寺TEL0795・87・5081
◆白毫寺(びゃくごうじ)=丹波市 全山各所を紅葉が彩る。モミジのほか、黄に染まるムクロジも。心字池越しの情景が美しい。志納金は高校生以上300円ほか。舞鶴若狭自動車道春日ICから車で約10分。同寺TEL0795・85・4187
◆先山千光寺(洲本市) 標高448メートルの先山は「国生み神話」でイザナギ・イザナミの神が最初につくったとされる。頂上に千光寺があり、展望台からは三原平野が見晴らせる。境内のカエデが順次秋色に装う。神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約30分。同寺TEL0799・22・0281



明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ